Pages

June 27, 2015

スコット先生発音実践2:呼吸の仕方と言葉のストレッチ

今日もスコット先生の教材で発音矯正です。

先日お話したとおり
発音大学のスコット先生が言うには
発音矯正には

7つの秘訣がある!


まずは4つの口の形を覚えるためにDVDでモデルの口の動きを見ながら練習しました。
同時に小さい鏡を持ってきて自分の口元の動きをチェックします。

なかなか似た動きができていたと思いますが
画面を見ながら同時に鏡を見るって結構難しい。

最初はアルファベットなのでよくDVDで唇と舌の動きをゆっくりと見ました。

Lはよく下唇を上の歯の裏側につけるといいますが
表現は難しいですがもっと自然な動きですね。

日本語は舌の上げ下げが少ないので舌の動きを見ると面白いです。


今日は英語を上手に発音するための呼吸の仕方の練習です。


英語を上手に発音するには
大きく息を吸って息を吐き出すまでずっと伸ばすように発音します。

日本語みたいにちょこっと吸って苦しくなったら何回でも息継ぎするような発音の仕方ではダメだそうです。

つまり秘訣の3番目の単語をストレッチさせて英語を話すという事に繋がりますね。


今回のレッスンはアルファベットをすべて一息でいいます。
綺麗な発音が出来なくてもここは呼吸の仕方の練習という事で気にしません。

私は割りと早口なので一息でZまでさほど問題なく言えました。

何回か言ってみて少し慣れてきたら少し発音にも気をかけながら一気に言えるようになりました。
一人でいる時にちょこちょこと練習します。


次は単語のストレッチです。


日本語のカタカナ後の発音は一文字ずつに母音がくっついており
その言葉の発生が終わると伸ばすことなくすぐとまります。

だからカタカナ英語と本物の英語では似ても似つきません。

単語の語尾を延ばすだけでも随分英語っぽく聞こえますよね。

一単語なら簡単ですがセンテンスになると長いので
語尾を伸ばしながらセンテンスを言い切るには
秘訣2の深い呼吸が必要になりますね。

ここでの練習はまたアルファベットをつかって
Aaa Bee と伸ばしながら発音します。
最初に大きく息を吸うのを忘れずに。

次に1から10までの数字を語尾を延ばしながら発音練習します。
大きく息を吸って伸ばしながらも一気に発音して息を吐き切りましょう。

4つの口の形も気に留めながらやりましょう。
 

つまらない練習だ!
と思いましたがこれをやった後に英語を読むと結構スムーズに読めます。

不思議ですね。

No comments:

Post a Comment