Pages

June 26, 2015

ネイティブレベルの発音を身につけたい理由

前回の話と若干かぶりますが

私はどうしてもネイティブレベルの発音を身につけたいのです。


日本人が聞いてネイティブみたいに聞こえるって言うそういうレベルじゃないです。

そのレベルじゃ意味がありません。

ネイティブが私が非ネイティブだと気がつかなくなるようなそういう発音を身につけたいんです。


スコットペリーの発音大学ではどの程度まで近づけるのでしょうかね?
まだわかりません。


何でそんなにネイティブ発音を身につけたいかというと

ネイティブと対等に事を運びたいのです。

仕事にしろ、単に友達を作るだけにしろ
ネイティブと対等でないと嫌なんです。

そうでないと自分がDisabilityがあるような気がします。

現地にいるネイティブって対等のレベルで話が出来ない人とは
対等に付き合ってくれません。

日本にいるアメリカ人と違ってアメリカでは
日本人にはそんなに興味を持っていないので
それほど好意的にはしてくれません。

必要があれば話すけどそれ以上は話しません。


すごく感じました。

留学生はみんな似たような境遇なので
留学生どうしだと国籍に関係なく割りと仲良くなれます。

アメリカでは色々な国の人と友達になりましたが
アメリカ人とはあまり友達になれませんでした。

アメリカに行く前に日本にいた時のほうがかえってアメリカ人の友達多かったです。
日本にいるアメリカ人は日本人に好意的な人が多いんでね。


アメリカでは
自分以外は全員アメリカ人という会社で働いていました。

一生懸命働きましたが
どうしても英語に対する劣等感から開放される事が無く
精神的にはきつかったですね。


今は日本で海外とやりとりの多い日本の会社で働いています。
英語を毎日使いますが全然気が楽です。


間違っていても日本の会社の日本人だから
まぁそんなもんだろうって感じです。

自分よりひどい人山ほどいますからね。

でもアメリカの会社の時は英語が出来ないとか間違っているとか言うのは
問題外。
毎日が緊張でした。


なんか話がそれていますね。
失礼いたしました。

とにかく私は
ネイティブとどうしても対等にお付き合いがしたいのです。
見下されたりバカにされることなく対等でいたいのです。

どんなに優れた英語力があっても発音が通じないだけで
すべてが台無しです。

だから気合が入ります。

皆さんも一緒に頑張りませんか?

No comments:

Post a Comment