Pages

July 8, 2015

ネイティブから見た日本人の英語

昨日あるYoutubeの動画を見ていました。

有名人の英語力比較といった感じのもので
英語の得意な芸能人の英語インタビューの抜粋の
聞き比べでした。

登場していたのは
英語が上手で知られているこの人達

宇多田ヒカル
赤西仁
ジャッキーチェン
BOA

(日本人で無い人も含まれていました)

で、誰が一番上手でしょうか?

と質問が投げられていて
コメント欄に色々ご意見。



ネイティブの宇多田ヒカルを押す人が多かったのですが

こんな意見が。

Akanishi does speak with clear pronounciation, but I think his vocabulary and expression are still limited
He has a tendency to repeat some sentences and sometimes his speech has no point. 
So, he's not that good. 
Good in pronounciation doesn't mean good in overall skill. 
About Utada. Well she was born and grew up in the US, so, duh? 
Do we really have to question her English skill? LoL. 
I always impressed whenever I see a Japanese speaks English with clear pronounciatiom and when they can make us understand what they wanted to say in English, because I imagine how difficult the English pronounciation for them. Japanese language doesn't have any fonem ends with a consonant except 'ん'. So they might pronounce probably as 'puroburaburii', etc. 
So it's just natural if most Japanese aren't fluent in English.


有名人としては、ジャッキーチェンさんしか知りません。うただと、いうひとは、アメリカ人なのね?でも、話の内容に、自信がないと、いうか、質問>答えっていうのが、できてないね〜。大学生くらいの子がおどおどして、話をしているみたいです。赤西さんっていうひとは、あきあきさんの残したコメントと100%同意します。すこしかわいそうね。ジャッキーチェンは、発音よくないですけで、心から話しているのがわかるから、聞いていて、不快感がまったくありません。ボアさんて、ひとは、やはり、なまっているけど、英語勉強しました〜、チャンと話したいで〜すって言う、体勢がわかります。言葉っていうのは、発音がどうだ〜とか、文法がああだ〜とか、じゃなく、自信もって、話せば、それで、良いと、思います。日本の人の発音は、多分、上達はしないでしょう。発音を、良くしよう、良くしようとして、話そうとすると、言葉も,会話の内容も、浮いてしまうので、なまっていても、いいから、自分に、自信をもって、はなしたほうが、とても自然に、聞こえるとおもいます。自信を持ちましょう!



これ読んで結構ドキッとしてしまいました。

どんなに発音が良くても話す内容がしっかりしていないと
認めてもらえないという事ですね。

考えて見れば当たり前ですけど。

結局ネイティブは英語を日本人みたいに語学として聞かないから
発音とかよりも話の内容のほうに耳を傾ける。

英語勉強するのはやめて英語勉強しましょう。

No comments:

Post a Comment